My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

保育に絵本を!

言葉の世界を楽しく広げる『ワンダーランド』の学習ページ

言葉の世界を楽しく広げる『ワンダーランド』の学習ページ

言葉っておもしろい!
総合絵本『ワンダーランド』で扱う言葉の課題は、月ごとに反対語、同音異義語、擬音語、擬態語、動詞、逆さ言葉、拗音(ようおん)、撥音(はつおん)、促音(そくおん)など、日本語の特徴的な音韻や表現を取り入れ、そのおもしろさに気づけるようにしています。このように課題を並べると、何だか難しそうですが、私たちが日常で使っている言葉を種類ごとに集めて、その特徴がわかりやすい見せ方をしているだけなのです。

「『あつい』って、夏の暑いときに使うよね。それから気持ちがとても温かい人を、『情にあつい』ともいうんだって」

 というように、ストーリーをひと通り読み流すだけでなく、保育者が「ここは広げられるぞ。楽しめそうだぞ」と思ったところはたっぷり時間をとって、子どもたちの感じ方や考えを引き出してみてください。

広げられるスポットはあちこちに盛り込まれていますが、あれもこれも時間をとる必要はありません。今、目の前の子どもの生活にピタッとくるものだけを拾うとよいでしょう。

横山洋子
千葉経済大学短期大学部こども学科教授
幼稚園教諭、小学校教諭を17年間経験したあと、大学で保育者養成にあたる。著書に『保育の悩みを解決! 子どもの心にとどく指導法』(ナツメ社)、『私の保育総点検』(中央法規)など。
イラスト/木村 文

関連キーワード

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2018年12月号

PriPri プリプリ 2018年12月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ