My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

今森光彦さんの自然あそび

切り紙「ちょう」&「いちご」

切り紙「ちょう」&「いちご」

【子ども向け】ちょう
花の蜜を求めて、野原をひらひらと飛び回ります。種類によって色や模様、形が異なる、4枚の翅(はね)が観察ポイントです。写真は花の蜜を吸うアゲハです。

 

20170313_02

【保育者向け】いちご
3月ころから白い花が咲き、緑色の小さな実がだんだんと赤く大きくなります。実の外側に種があるのが特徴です。長いつるやギザギザの葉っぱが観察ポイントです。

今森光彦
1954年滋賀県生まれ。琵琶湖をとりまく自然と人との関わりをテーマに撮影する写真家。また、はさみで自然の造形を鮮やかに切りとるペーパーカットアーティストとしても知られる。

写真/今森光彦 磯﨑威志(Focus & Graph Studio)大畑俊男

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2017年4月号

PriPri プリプリ 2017年4月号

58-59ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2018年11月号

PriPri プリプリ 2018年11月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ