My Wonder あなたの保育をサポートする

支援のアイデア

発達に課題がある子を支える
保育者の声

発達に課題がある子の保育は、
あたたかい気持ちになれたり、
改めて気づかされたりすることの連続です。
そんな保育者の声を紹介します。
優しい子どもたちに助けられています
幼稚園に支援が必要な子が数名いました。一人ひとりに合う保育や支援の仕方を考えて関わっていましたが、ときには悩むこともありました。
しかし、そのたびにクラスの子どもたちが「先生、Cくん喜んでいるみたい。楽しそうだね」「Dちゃん、こうするんだよ!」と助けてくれました。助け合うことが自然とできる子どもたちの姿を見ていると、それだけで感動します。また支援が必要な子の保護者からも「登園時間になると、自分でかばんと制服を持ってくるんです。友だちのいる幼稚園が好きみたいです」と言ってもらえました。子どもたちの優しさに感謝しています。
(保育歴10年/M・Sさん)
子どもの思いを受け止められた自分に自信
以前、幼稚園で発達に課題がある何人かの子の補助を担当していました。
そのなかに活発で、思いもよらない動きをするBくんがいたのですが、ある日、階段を数段登って振り返り、下にいる私を見ていたんです。「ジャンプする!」と思った瞬間、Bくんは階段からジャンプ。とっさに、Bくんを受け止めました。もしかしたら私を信頼して、ジャンプをしたのかもしれません。そのことをほかの先生が、Bくんが通う療育の先生に伝えたところ「〇〇先生(私のこと)は、発達に課題がある子への感性がいいのかもしれません。関わり方がいいですね」と言われたそうです。そのことばが今も励みになっています。
(保育歴4年/K・Kさん)
————————————————————–
イラスト/松尾穂波  構成/麻生珠恵

この記事が詳しく掲載されているのは
PriPriパレット 春号
65ページに掲載
お知らせカテゴリー
関連キーワード