My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

PriPri保育者座談会

保育のことば「不適切なことばを使わないために気をつけていること」

保育のことば「不適切なことばを使わないために気をつけていること」

■座談会にご参加いただいた先生方
M先生……保育歴8年/幼保一体施設/1歳児クラス担任
H先生……保育歴11年/幼稚園/5歳児クラス担任
Y先生……保育歴17年/保育園/3歳児クラス担任
Ⅰ先生……保育歴8年/保育園/0歳児クラス担任

 

「『気になるときは言ってね』と、お互いに指摘し合える環境がだいじ」

M先生「子どもを見守って“待つ”ようにすると、そこで考えるようになりますね。特に重要な場面でのひとことは、待つことで考える時間が増えました。あとは人から意見をもらうようにしています。

先輩も後輩も関係なく、『気づいたらすぐに言ってね』という風通しのよい環境をつくらないと。自分で気になったら、『このことばはどうでしょうか』と、先輩などに自分から相談してもよいと思います。そのほか、空き時間にちょっと話したり、メモに残して共有したり、全体で集まる機会があれば、そのときにまとめて話したりします」

イラスト/大橋明子

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2015年3月号

PriPri プリプリ 2015年3月号

62ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年4月号

PriPri プリプリ 2024年4月号

定価1,111円(税込)