My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

0・1・2歳児の保育

心と体を育てる食事

心と体を育てる食事

食べる楽しみを味わう
0・1・2歳児は食事が生活の大きな割合を占めています。授乳期から自分で食べるようになるまでは、咀嚼(そしゃく)の機能の発達とともに、食行動や食習慣の基礎を確立するという、生涯に大きな影響を与える大切な時期なのです。

乳児はミルクを飲ませてもらうことで生命を維持する栄養を摂り、同時におとなから守られ愛されているという充足を感じます。食事の喜びは生きていく全ての意欲の根源です。このように食事は身体を育てるだけでなく、心を育てることにもつながっています。

また、成長にしたがい食事の自立を獲得していくプロセスは、生きていくための自立を獲得することでもあります。そのためには咀嚼の機能など、一人ひとりの子どもの発達に合わせ援助を進める必要があります。保護者と協力しながら、いかに食べる楽しみを育てていけるかが、0・1・2歳児の食事をサポートするうえで重要です。

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2015年9月号

PriPri プリプリ 2015年9月号

82ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年7月号

PriPri プリプリ 2024年7月号

定価1,111円(税込)