My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

保育のヒント箱

園見学に来た未就園児にいじわるな態度をとる3歳児の対応

園見学に来た未就園児にいじわるな態度をとる3歳児の対応

共通の対応がとれるよう園内の保育者で話し合っておきましょう

見学者や訪問者に対して、なんとも無礼な3歳児。園の印象まで悪くなりそうで、ひやひやしますね。わたしもこの時期に他園を訪問すると、同じような目にあいます。

でも、これって子どもの健全な育ちの姿。そもそも、一学期ならこんなことはありません。二学期半ばというのがよくない。仲間意識ができ、自分たちの陣地という気持ちも強くなるので見知らぬ人を警戒して、拒否するんです。

 「子どもの気持ちもわかるけど、来客に失礼な態度をとるのはよいことではないので、しっかり注意する」という先生もいれば、「それなら、わたしが謝って事情を話そう」という先生もいます。はたまた、「子どもはそんなもの。でも、近くにいるとわたしが悪いみたいで恥ずかしいから、離れていよう」という先生も。

これは、公園などで見かける親の対応とそっくりです。子どもだからと思っても相手がいるので、しからざるを得ないという親。子どもはわかっていないので、とりあえず自分が謝るという親。自分がいるとややこしくなるので、離れているという親。

成長過程の健全な姿とはいえ、おとなの視点からは容認しがたいこういった子どもの行為にどう対処するかは、保育者や園の方針によるところが大きいので、共通の対応がとれるようにきちんと話し合っておくといいですね。

アドバイス・文/柴田愛子先生
『りんごの木』代表。保育者。保育のかたわら、保育者・保護者向けの講演や執筆活動、絵本の制作など多分野の活動に精力的に取り組んでいる。
イラスト/佐藤竹右衛門 編集/森 麻子

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2015年10月号

PriPri プリプリ 2015年10月号

92-93ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年4月号

PriPri プリプリ 2024年4月号

定価1,111円(税込)