My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

0・1・2歳児の保育

保育室の安全対策「転倒・転落」

保育室の安全対策「転倒・転落」

はいはいや、よちよち歩きなどが始まると、日に日に動ける範囲が広がり、昨日行けなかったところにも行けるようになります。活発になる子どもの動きを把握し、危険を事前に察知して、安全な環境をつくりましょう。

 

■よくある事故
・おもちゃにつまずいて転ぶ
・階段から落ちる
・ベッドやソファから落ちる

 

■予防策
ベッドや階段に必ずさくをする

子どもは突然寝返りができるようになります。ベッドから離れるときは、ほんの少しのあいだでも、必ずさくをしましょう。はいはいや、よちよち歩きのスピードは日に日に速くなるので、階段にもさくをして、事故を防ぎましょう。

 

いすやソファにひとりにしない
お座りができたばかりのころは、まだバランスをうまくとることができず、後ろに倒れて頭を打ったり、前に倒れていすから転げ落ちたりします。絶対に目を離さないようにしましょう。床に座らせる場合も、周りにクッションなどを置いて、転んでも頭を打たないよう予防します。

お話 小野崎佳代先生
元東京都荒川区立保育園園長。現在は東京未来大学の実習指導教員として、保育者をめざす学生の育成にあたる。「子どもとことば研究会」会員。

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2015年1月号

PriPri プリプリ 2015年1月号

104ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年4月号

PriPri プリプリ 2024年4月号

定価1,111円(税込)