My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

お悩み、解決します!

保育記録を時短&じょうずに書くワザ

保育記録を時短&じょうずに書くワザ

保育日誌や児童票は保育者にとって負担大!?
日々忙しい保育者にとって、毎日書く保育日誌や、大量の記録が必要な児童票は、大きな負担。特に作文が苦手な人はストレスを感じているようです。

ですが、きちんと記録をつけることは保育者にとっても、たくさんのメリットがあります。読者アンケートでも、「保育者としての成長につながる」「要録を作成しやすくなる」「面談で役だつ」などメリットを感じている人が多く見られました。 記録で大切なのは、要領よく、効率よく、ポイントを押さえること。ムダに悩まず、短時間で内容の濃い記録を書けるようになりたいですね。

取材・文/香山倫子、代亮子(KWC) イラスト/セキ・ウサコ

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2017年5月号

PriPri プリプリ 2017年5月号

87ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年7月号

PriPri プリプリ 2024年7月号

定価1,111円(税込)