My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

発達に課題のある子への保育

面ファスナーが楽しい「お楽しみ会のプログラム表」

面ファスナーが楽しい「お楽しみ会のプログラム表」
発達に課題のある子一人ひとりの個性に合わせた支援ツールを作成し、保育の様々な場面に取り入れている園の事例を紹介します。楽しく使える工夫がいっぱいのツールを、編集部で再現しました。
 
使い方の工夫とポイント
お楽しみ会の席に持っていけるサイズのプログラム表です。

ひとつのプログラムが終わったら、子どもが自分で絵カードをはずします。絵カードを上から順にはずしていくので、「次は何をするのか」「あと何と何をしたら終わりか」がひと目でわかります。

絵カードをはずすときのベリッという音や手ごたえが、このツールを使うお楽しみポイントになっています。

取材協力/岡山市役所 保育・幼児教育課
お話・監修・取材コーディネート/佐藤 曉(岡山大学大学院教育学研究科 教授)
撮影/久保田彩子(本誌写真部) 取材・文/森 麻子 支援ツール作成/みさきゆい

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2017年7月号

PriPri プリプリ 2017年7月号

63ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年4月号

PriPri プリプリ 2024年4月号

定価1,111円(税込)