My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

阿部直美のはじめてのシアター

折りたたみブックシアター「おおきなかぶ」

動作を覚えて物語の世界を広げよう
一枚の紙に切り込みを入れてたたむだけで、本の形ができます。ページ数が少ないので、物語のあらすじ程度しか見せられませんが、足りない分は子どもたちの声や動作で補います。

はじめに歌の一部を手あそびのように振りをつけて覚えます(85ページ1〜3参照)。かぶを抜くシーンは、みんなでこの動作をやってみましょう。また、作り物のかぶを見せて、かぶの形や色がイメージできる工夫をすることも大切です。こうした参加型のシアターは、のちに劇あそびなどの糸口となります。

監修・プラン・指導/阿部直美
制作・イラスト/マーブルプランニング 絵本イラスト/くるみれな
モデル/内田順子 ヘアメイク/AKANE 写真/久保田彩子(本社写真部)

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2018年11月号

PriPri プリプリ 2018年11月号

84ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年1月号

PriPri プリプリ 2019年1月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ