My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

保育に絵本を!

全体を把握する力を育てる『ワンダーランド』の学習ページ

全体を把握する力を育てる『ワンダーランド』の学習ページ

数量・図形って、わかりやすい!
数の課題は、算数の先取り学習をしているわけではありません。10人のお客さんは何人と何人に分けられるかといった、生活のなかで必要となるような場面から数というものが語られています。ここで大切にしたいのは、数を数えることと同時に、パッと見て「いくつのかたまりか」を感じとる力です。また、10の組成を知ることにより、10をただ「たくさん」と感じることから抜け出し、部分の集まりとしての全体を把握する力を育てたいのです。

三角形や四角形は美しいものです。直角三角形を2つ組み合わせると四角形になるというのも、子どもたちにとっては新鮮な驚きでしょう。保育絵本で図形を扱うときには、知識としての図形ではなく、シールを貼ったりはがしたりと自分の手で操作す経験を通して、形に親しみ、面として埋められていく過程を楽しんだり、ある形を見つけ出したりする喜びを大切にしています。

できたかどうかではなく、数量や図形に興味をもつきっかけになるよう願っています。

横山洋子
千葉経済大学短期大学部こども学科教授
幼稚園教諭、小学校教諭を17年間経験したあと、大学で保育者養成にあたる。著書に『保育の悩みを解決! 子どもの心にとどく指導法』(ナツメ社)、『私の保育総点検』(中央法規)など。
イラスト/木村 文

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年1月号

PriPri プリプリ 2019年1月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ