My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

成長の芽をぐんぐん伸ばそう

子どもの成長を伸ばす関わりのコツ

子どもの成長を伸ばす関わりのコツ

年齢に合わせた関わりで子どもの力を伸ばそう
子どもが「気づき」に出会ったときの行動は、年齢によって変化します。それに合わせて、保育者も関わり方を変えることが大切です。

3歳児は、気づいたことを友だち同士で共有することで、興味が広がります。4歳児は「こうしたらこうなった」と関連づけがより明確にわかるようになるので、繰り返し試せる環境をつくると、より理解を深めることが可能です。5歳児は、友だちと協力して、大きな課題に取り組む力がつきます。保育者は子どもがつまずいたときに助言する相談役に徹し、子ども同士の育ち合いを見守りましょう。

興味が続く声かけを心がける
子どもがつまずいたときに、「こうしたらどうなるかな?」「あっちが楽しそうじゃない?」など、興味を広げる声かけをすることが大切です。一方で、子どもが熱中しているときに声をかけると集中が途切れるので、タイミングを見極めるようにしましょう。

監修/溝端文子先生
社会福祉法人ゆずり葉会 幼保連携型認定こども園 深井こども園 理事長。子どもがくつろげるこども園を理念にかかげ、子どもがのびのび成長できるような取り組みを積極的に行っている。

構成・文/香山倫子(KWC)
イラスト/中小路ムツヨ 丸子愛子先生(深井こども園)

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2019年3月号

PriPri プリプリ 2019年3月号

87ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年10月号

PriPri プリプリ 2019年10月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ