My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

新要領・指針なるほど講座

【予測】幼児教育・保育の無償化で園や保育者はこう変わる!

【予測】幼児教育・保育の無償化で園や保育者はこう変わる!

【ズバリ予測!】幼稚園と保育所の差がなくなり、預かるだけでは選ばれない時代に!?
保育料は、幼稚園では満3歳から無償になるのに対し、保育所では3歳児クラスから無償に。そのため、子どもの生まれた月によっては幼稚園と保育所で最大1年近く無償の期間が異なることになります。

また、保育が必要な子どもを対象に、幼稚園の預かり保育も無償になります。保護者の働く時間が多くなれば、保育所などを利用すると通常考えられてきましたが、これまで保育所だけ考えていた保護者も、今後は幼稚園も選択肢に加えるかもしれません。

さらに、働き方改革などで保護者の労働時間が短縮していけば、長時間預かってくれるというだけで園を選ぶことは少なくなります。そのため、各園には教育・保育の質を高める努力がいっそう必要になるでしょう。

監修
椛沢幸苗先生(中居林こども園 理事長、保育総合研究会会長)
坂﨑隆浩先生(社会福祉法人清隆厚生会 理事長)

構成・文/窪 和子(KWC) イラスト/坂本直子

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2019年3月号

PriPri プリプリ 2019年3月号

89ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年9月号

PriPri プリプリ 2019年9月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ