My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

保育に絵本を!

保育絵本を通じて「科学する心」を育てる

保育絵本を通じて「科学する心」を育てる

不思議がいっぱい!
「つくしは、どうして春がきたことがわかるのかな? 誰かが、春ですよって教えてくれるのかな?」
「チューリップって、どうしていろんな色があるのかな? お母さんが赤だと、子どもも赤い色になるのかな?」

子どもたちはさまざまなことに疑問をもちます。時にはトンチンカンなことも言いますが、それも立派な疑問です。「いいことに気がついたね。どうしてだろうね。みんなで考えてみよう」と、一人の疑問をみんなに広げ、それぞれの思いや考えを出し合える場をつくりましょう。

それが、新たな疑問につながったり、「へえ、あの子、おもしろいことを考えるなあ」と友だちのよさを発見したりすることにつながるでしょう。

よくまわりを見渡してみると、なんとこの世界は不思議なことでいっぱいなんでしょう! 私たちも、大人の「当たり前」という見方をはずし、この世界の中の不思議をおもしろがってみましょう。保育者の仕事は「正しいことを教えること」だけではありません。たくさんの不思議に気づかせ、おもしろがることができるようにする。そのことのほうが、ずっと子どもたちの「科学する心」を育てるのに大切だと思うのです。

横山洋子
千葉経済大学短期大学部こども学科教授
幼稚園教諭、小学校教諭を17年間経験したあと、大学で保育者養成にあたる。著書に『保育の悩みを解決! 子どもの心にとどく指導法』(ナツメ社)、『私の保育総点検』(中央法規)など。

同じ特集の記事
幼児期に育つ感性を保育絵本で育てる(3/21 公開予定)
関連キーワード

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年4月号

PriPri プリプリ 2019年4月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ