My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

<クリスマスの ちいさな おはなし>の新刊が発売! 訳者が語るシリーズの魅力

<クリスマスの ちいさな おはなし>の新刊が発売! 訳者が語るシリーズの魅力
銀箔加工が美しく、定番となった絵本<クリスマスの ちいさな おはなし>シリーズ。
2020年秋、待望の新刊『ねずみくんの クリスマスの おうちさがし』が刊行されました。子どもたちに愛されている理由を、訳者の木原悦子さんにうかがいました。

クリスマスの絵本として多くの子どもたちをワクワク、ドキドキ、ハラハラさせ、人気となったシリーズ。イギリスの作家レベッカ・ハリーが描くこのシリーズの共通点は、ひとりさびしく登場するおさない主人公が、やがて友たちを得て、にぎやかなクリスマスを過ごし楽しく幕を閉じる……というところにあります。ハラハラしながらページをめくって読み進めたおさない読者に、主人公の安堵感が伝わるからでしょう。作者のレベッカ・ハリーはイギリスのウェールズ地方に住む、ふつうの家庭の、ふつうのママです。絵が得意ということだけは特筆すべきでしょうけれど、そんなママがわが子の手を引き、近場の小さな公園を散歩しながら、気持ちだけ、森の奥へ奥へとさまようのでしょうか?森はふしぎな世界です。こんなすてきな絵を描くレベッカでなくてもイマジネーションをかき立てる空間です。風が木の葉を揺すり、木の葉は季節の移ろいにつれて色を変え、さみどりは濃さを増し、やがて枯れる……枯れ葉は風に飛ばされて落ち葉となる……。
レベッカの観察眼は、とめどなく、大きな物語世界へと読者をいざなってくれます。
▼訳者の木原悦子さんのお言葉で、<クリスマスの ちいさな おはなし>シリーズを一冊一冊ご紹介してくださいました。

<最新刊>2020年11月6日発売
『ねずみくんの クリスマスの おうちさがし』
絵/レベッカ・ハリー
訳/木原悦子
ねずみのアロンくんは、クリスマス・イブに、こずえの森にやってきました。この森でおうちをさがしたいのです。森のなかをさがしまわりますが、気にいったおうちが見つかりません。夕ぐれが迫っています。
急いでいるアロンくんに、きつねさん、うさぎさん、くまさんからお手伝いを頼まれます。
(ぼく、いそがしんだ!)大丈夫かな、アロンくん……。ハラハラ……。ドキドキしますね。
でも、だいじょうぶ!
アロンくん、どんなクリスマスを 迎えるのでしょうか。

<「クリスマスの ちいさな おはなし」シリーズ既刊紹介>
『新版 ゆきうさぎの ねがいごと』
絵/レベッカ・ハリー
訳/木原悦子

ゆきうさぎのピートくんは、ひとりで森のおくに住んでいました。雪が大すきでしたから、朝からの雪にうかれています。でも、ちょっとさびしくて……
サンタさんにお願いしたのです。「ぼく、友だちがほしいです」と。
(えっ、そんな願いごと、かなうの?)
「ほかにはなにもいらいらないよ」というのですから、ちょっと切ないな。この手紙をピートくんはサンタさんに届けるために、
地図をたよりに森をあるいていきます。
雪みちはキラキラ。星空もキラキラ。ピートくんの心にも しだいに明かりがともり……
サンタさんは、ピートくんの お願いを かなえてくれるでしょうか。

『ゆきうさぎの おくりもの』
絵/レベッカ・ハリー
訳/木原悦子
ゆきうさぎのピートくんは、森のおくに住んでいますが、ひとりぼっちではありません。なかよしの友だちがいます。ねずみさん、こぎつねさん、こぐまくん。雪の日だって赤いマントをまとって外に飛び出します。
あそび友だちが待っています。雪なげも楽しい、そりあそびもゆかい……。ところがみんな弱虫なのかな?
風がつめたくなったといって、逃げるようにおうちに帰ってしまう、ねずみさん。
お日さまがかげってきたといって、泣きべそをかいておうちにかえってしまうこぎつねさん。
てっぺん山までいっしょにのぼってきたこぐまくんも、「さ、さ、さむいよ! おうちへかえる!」といって、かえってしまいました。
ピートくんはひとりぼっち。さあ、ピートくん、どうした?

『きつねくんの もりの おともだち』
作/ティモシー・ナップマン
絵/レベッカ・ハリー
訳/木原悦子
きつねのハリーくんには森のなかまがたくさんいます。
でも、みんな、いま、冬じたくにおおいそがしです。あそんでばかりいられない季節があるのでした。
「お日さまが、カンカン照っているうちにあそぼうよ」と、ハリーくん。
冬がきたら、ハリーくん、どうなっちゃうのかな?おうちはどうするの?
ながい冬のあいだ、たべるものはどうするの?
たくわえがなくて、いいのかな?ハリーくんはなかまのことばに耳をかしません。「冬になったら、この森、ひとりじめさ!」
冬にそなえて、はたらくなかまをよそ目に……。ところが ところが、冬がきました。
ハリーくん、雪のなかでブルブルふるえています。ハリーくんはひとりぼっち。「ああ、みんなのいうこと、きいておけばよかった……」
 

この記事が詳しく
掲載されているのは

ねずみくんの クリスマスの おうちさがし

ねずみくんの クリスマスの おうちさがし

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年4月号

PriPri プリプリ 2024年4月号

定価1,111円(税込)