My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

入学・進級・書類

年度末の保育の悩み【2】進級や入学が不安な子への対応

年度末の保育の悩み【2】進級や入学が不安な子への対応

進級や入学は「お祝い」と前向きに
日本人にとって進級・入学は「別れ」のイメージが強いのですが、欧米のように「門出のお祝い」と前向きにとらえましょう。

そもそも子どもは成長・変化することに大人ほど不安を持っていません。「お別れすると寂しいね」ではなく、「なかよしの先生やお友だちが増えるね」「小学校には大きい運動場があるよ」など、子どもが期待を持てることばをかけます。

また、進級・入学に対する保護者の焦りや不安が、子どもに影響することもよくあります。保護者にも「お祝い」の気持ちを理解してもらい、子どもが残りの園生活を楽しめるよう、協力してもらいましょう。

お話/酒井志穂(鎌倉市・おおぞら幼稚園教諭) イラスト/鹿渡いづみ

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2016年1月号

PriPri プリプリ 2016年1月号

102ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年4月号

PriPri プリプリ 2024年4月号

定価1,111円(税込)