My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

発達に課題のある子への手だて

見てわかる環境づくりのヒント

見てわかる環境づくりのヒント

ビニールテープが座る場所の目安に
子どもたちに集合をかけるときなど、「集まって」「ここに座って」といった指示を出すことがあります。しかし、このような指示ではどこに集まったり、座ったりするのかがわからず戸惑う子もいます。左の写真は、床にビニールテープをライン状に貼ることで、子どもの座る位置を示したものです。このような目印があることで、子どもは自分がどこに座ればいいのか、を視覚的に捉えることができるようになります。

 

20170719_02

落ち着きがなくじっと座っていられない子に
保育者の話を聞くときなど、じっといすに座っていられず、横座りをしたり、足をふらふらさせたりしてしまう子には、うわばきの絵カードを床に貼り、話が終わるまで、足をのせておくように伝えます。短い時間からはじめ、できたら「まっすぐ座っていられて、かっこよかったよ」などとほめましょう。

 

20170719_03

うがいをした水をまき散らさないように
うがいをした水を口にため、不適切な場所に吐き出して床や洗面所を濡らしてしまう子がいます。そのようなときは、「そんなことをしたらだめ」と行動を咎とがめるのではなく、具体的にどこに水を吐けばよいのかを伝えることが大切です。洗面のボウルに★マークを貼り、「ブクブクをしたら、口の中の水は★の上に出してね」と伝えます。

取材協力/岡山市役所 保育・幼児教育課、クレアナーサリー市ヶ谷 取材コーディネート/佐藤 曉(岡山大学大学院教育学研究科 教授)

撮影/磯㟢威志(Focus & Graph Studio) 取材・文/森 麻子 イラスト/中小路ムツヨ

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2017年8月号

PriPri プリプリ 2017年8月号

63ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年7月号

PriPri プリプリ 2024年7月号

定価1,111円(税込)