My Wonder あなたの保育をサポートする

INFORMATION

イベントレポート

「ワンダーサマースクール2018」東京会場レポート【1日目/後編】

「ワンダーサマースクール2018」東京会場レポート【1日目/後編】

手あそびや歌、体操、ダンス、講演など、いつもの保育に役立つ内容が盛りだくさんの、「ワンダーサマースクール」。今年最初の開催となったのは、7月26日(木)・27日(金)の東京会場です。1日目の7月26日(木)は、歌やダンス、あそびのアイディアなど盛りだくさんの内容で、会場は先生方の熱気と笑顔でいっぱいに。

この日最後のプログラムは、中川ひろたかさんとロケットくれよんのふたりによる「ともだちでありがとう」です。
1日目前編はこちら>>

会場いっぱいに広がるハーモニー
この日は、シンガーソング絵本ライターの中川ひろたかさんと、ロケットくれよんの山口たかしさん、高田さとしさんが、スリーピースバンドを結成。3人がステージに登場すると「ワン、ツー、スリー、フォー」の合図で、『世界中の子どもたちが』がスタート。会場からは歌に合わせて手拍子が起こり、先生たちの歌声が広がります。

180817_15

「今日はイケメン3人組でお送りします」「なんでそこで笑いが起きるのかな?」と、ハーモニーはもちろん軽快なトークも3人の息はピッタリ。「ともだちでありがとう」をテーマに、子どもたちに大人気のあそび歌をたくさん紹介してくれました。

あそびの紹介や絵本の「歌いきかせ」も
ジャンケンをしたり自分の体をさわってみたり、小さな子どもでも楽しめるあそびの後は、中川さん、ロケットくれよんさんのそれぞれのコーナーがありました。

180817_16

あそび歌デュオのロケットくれよんのふたりからは、発表会や運動会で楽しめる体操のほか、体を使ったあそびなども。実際の保育の現場ですぐに役立ちそうな、子どもの年齢に合わせたアレンジのアイディアも紹介されていました。

180817_17

また、絵本作家として活躍する中川さんは、音楽に合わせた絵本の「読みきかせ」ならぬ「歌いきかせ」を。ホッとリラックスして、ちょっぴりクスッと笑える、そんな素敵なひとときです。

ラストは全員で『にじ』を大合唱。「にじがにじが 空にかかって~」という先生たちの大きな歌声に、まるでホールにキレイな虹が見えるようでした。

それぞれのプログラムの終了後にはサイン会が行われ、先生たちが長蛇の列を作っていました。講師の方々と一緒に記念撮影をしたり、「保育をがんばってくださいね」とメッセージをもらったり。そんなふれあいも、「ワンダーサマースクール」の楽しさの一つです。思い切り歌って踊った先生たちの「楽しかった!」という笑顔とともに、東京会場の1日目は幕を閉じました。

▼講演後のサイン会のようす

180817_18

講演後に少しお話しができるのも、サマースクールの楽しみのひとつです。

180817_19

キュキュキュとペンをすべらせながら、1冊1冊丁寧にサインをしています。

180817_20

みんなで一緒に“じゃんけんジョイ”! またお会いしましょう!

写真・原 恵美子/文・加藤朋実

ワンダーサマースクールとは
世界文化社の主催するワンダーサマースクールは、保育者に寄り添い、日々の保育を応援する「PriPri」「PriPriブックス」「PriPriキット」で人気の講師陣が誌面ではお伝えしきれない内容までお伝えする講習会です。明日からの保育に役立つ実技講習・基調講演を取り揃えています。ワンダーサマースクールは(公財)全日本私立幼稚園幼児教育研究機構監修『研修ハンドブック』の押印対象講習会です。

お知らせカテゴリー
関連キーワード
ページ
トップへ