My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

0・1・2歳児の生活

ことばと心の育ち「自己主張とわがまま」[1]

ことばと心の育ち「自己主張とわがまま」[1]

“もともとわがままな子ども”はいない

子どもの自発性や主体性を尊重しようと、0歳児から、自己主張させることをモットーに保育をすすめています。しかし、2歳を過ぎるころから自分本位の行動(おとなから見ると「わがままにふるまいたい」という主張)が強く押し出され、しばしばおとなをてこずらせます。

「このまま自己主張を受け入れると、この先わがままな子になるのでは」「社会性を身につけるには、がまんしなければいけないこともある」などと、保護者や保育者は動揺し、悩みます。2歳児クラスでは、「わがままばかり言ってはいけません」と保育者がしかっている場面もよく見ます。

 
ことばと心の育ち「自己主張とわがまま」[2]>>
 
 

監修者 今井和子先生
二十数年間、世田谷と川崎の公立保育園で保育士として勤務。その後、お茶の水女子大学などの非常勤講師を経て、東京成徳大学、立教女学院短期大学に勤務、2010年定年退職。現在、深大寺保育園副園長。「子どもとことば研究会」代表。

イラスト/市川彰子

 

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2014年11月号

PriPri プリプリ 2014年11月号

92ページに掲載

詳細はこちら

Amazonで買う
関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2024年7月号

PriPri プリプリ 2024年7月号

定価1,111円(税込)