My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

阿部直美のはじめてのシアター

0・1・2歳児向けエプロンシアター(R)「がんばれはみがき」

空き箱で作るパクパク・パペットのカバくん
乳児がはみがきに興味を持つことができるように、口の中がよく見えるカバの人形を作って演じてみましょう。カバの口の中には穴が開いていて、食べ物を下の受け皿に落とすことができます。また、小さな黒いムシバイキンは、最初から小指にゴムでとめておきます。

にぎっていた右手の小指を立てると、手品のようにムシバイキンが出てきます。ここをドラマチックに演じることがポイントです。「はみがきしなかったら、どうなるのかな」など、子どもに問いかけながら物語を進行させるとよいでしょう。

監修・プラン・指導/阿部直美 制作・イラスト/マーブルプランニング
モデル/川野剛稔 ヘアメイク/AKANE 写真/久保田彩子(本社写真部)

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2018年5月号

PriPri プリプリ 2018年5月号

76ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年1月号

PriPri プリプリ 2019年1月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ