My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

新要領・指針に対応!

子どものちから「だれにきけばわかるかな?」

子どものちから「だれにきけばわかるかな?」

8月。年長児はこども園に残暑見舞いを書きました。自分たちの書いたはがきがどうやって運ばれるのか、興味津々です。

「バイクに乗った郵便配達の人がポストに取りに来るんだよね?」「手紙はこのままこども園に持っていくの?」「でもポストっていっぱいあるから集めて回るんじゃない?」子どもたちの口からは次から次に疑問が溢れてきます。この疑問を解決するためには、誰に聞けば分かるか考えた結果……。

「郵便配達のおじさんを待ち伏せして話を聞こう!」。早速、投函に行くとポストには何かの時間が書かれています。「これはこのポストに来る時間だよね?」「もう少し待てば、おじさん来るかな」すると、そこにバイクに乗った郵便の配達員さんが……。

さあ、話を聞いてみましょう!

文・写真/坂﨑力紀(NOGI こども園園長・保育総合研究会JAMEE'S 副委員長)

監修 JAMEE'S とは
保育総合研究会(会長:椛沢幸苗氏)の中から、次世代を担う若手の会員で構成された、運営および乳幼児教育の
研究グループ。

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2018年8月号

PriPri プリプリ 2018年8月号

38,39ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2018年11月号

PriPri プリプリ 2018年11月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ