My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

0・1・2歳児の生活

育ちの気がかり、保護者への声かけ例【2】

育ちの気がかり、保護者への声かけ例【2】

■保護者の不安

「ことばが遅くて心配です」

■保護者への声かけ例

「ちゃんとことばを理解していますよ。『あっ』と言いながら指さししているので、しゃべりだすのも、もうすぐですね」
「今日、散歩中に犬を指さして『ワンワン』と言いましたよ!」

■解説

「そのうちしゃべるようになるからだいじょうぶですよ」と、漠然とした予測や裏づけのない答えをくり返すだけでは、保護者の心配は消えず、保育者への信頼も揺らぎます。

発達の道すじにのっとって、今のようすを肯定的に伝えれば、保護者も安心するでしょう。園で初めてことばが出たときは、そのときのようすを具体的に報告して、喜びを共有します。

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2015年2月号

PriPri プリプリ 2015年2月号

106ページに掲載

詳細はこちら

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年9月号

PriPri プリプリ 2019年9月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ