My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

ハッピーな音楽会を開こう♪

音楽会の本番を盛り上げる演出のポイント

音楽会の本番を盛り上げる演出のポイント

当日、保護者に発表を楽しんでもらうためには、舞台映えする演出が必須。ちょっとしたポイントを押さえることで、子どもたちの表情が豊かになり、見ている人がより楽しめるステージになりますよ。

Point 1 指揮者の奥のスペースは空けよう
指揮者の奥に子どもが立つと、観客席から顔が見えなくなってしまいます。なるべくすべての子どもの顔が見えるように、真ん中は空けておきましょう。また、段差があって身長差を前後で考慮しなくてよい場合は、大きな声で歌える子を後ろにすると、前の子も声が出しやすくなります。

Point 2 3歳児は観客席の最前列からスタート
3歳児は観客席の最前列にいて、最初はお客さんとしてオープニングと5歳児の発表を楽しみます。そうすることで、緊張せずに本番に臨めるだけでなく、モチベーションを保てるのでおすすめ。登場するときも、観客席からステージのサイドの階段を使って上がると緊張するのを防げます。

Point 3 幕の使い方は慎重に!
幕を開け閉めすることで、流れを悪くしてしまいます。ひとつのクラスの発表が終わるたびに必ず幕を閉める必要はありません。掛け声を出しながら子どもたちが舞台に登場するなど、幕を開けた状態での演出を考えてみましょう。また、3歳児は特に緊張しやすいので、幕を開けたまま準備したほうが、リラックスできます。

Point 4 オープニングは体を動かしてリラックスしよう
オープニングは、みんなで思いっきり楽しむことが大切。体を動かし、大きな声を出すと、緊張がほぐれます。元気よく掛け声を出せるような曲がおすすめです。保育者たちも登場し、一緒に踊ったり歌ったりしながら一体となって盛り上げていきましょう。

Point 5・6は本誌で紹介しています。

監修/鶴谷主一先生
宮崎、東京、香港の日本人幼稚園での勤務を経て、現在原町幼稚園(静岡)の園長。「なかよく 自分らしく たくましく」を園の教育目標に掲げ、子どもたちを指導する。『対人援助学マガジン』(対人援助学会)で、「幼稚園の現場から」を連載中。

取材・文/香山倫子(KWC) イラスト/中小路ムツヨ

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2018年11月号

PriPri プリプリ 2018年11月号

96,97ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2018年12月号

PriPri プリプリ 2018年12月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ