My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

年度はじめの懇談会

満足度100%の懇談会にする2つのポイント

満足度100%の懇談会にする2つのポイント

保護者の不安をタイムリーかつ、正しく把握する
保護者が「来てよかった」と思う懇談会とは、どんな懇談会でしょう?「不安に思っていたことを解消できた」「知りたいと思っていたことがわかった」、そんな懇談会であれば、保護者も「来てよかった!」と思ってくれますよね。

大切なのは、保護者の不安や疑問をタイムリーに、かつ正しく把握することです。入園・進級直後、多くの保護者の心配事は、やはり何といっても子どものこと。日頃から保護者には、個別に子どもの様子を伝えているはずですが、懇談会ではクラス全体の様子を伝えられるといいですね。

さらに、年度はじめの懇談会でもうひとつ配慮したいのは、「はじめまして」の保護者が多い席であるため、誰もが緊張しているということです。保護者自身も今後の園生活を楽しめるよう、保護者どうしの交流が深まる工夫をすることも大切です。

【ポイント1】保護者の「知りたい!」「聞きたい!」情報をピックアップ!
日頃の会話を通じて、保護者の不安や関心事を把握しておきましょう。普段の保護者とのかかわりのなかに、テーマのヒントが隠されています。懇談会前にアンケートを配り、知りたいこと、聞きたいことを調査しておくのもよいでしょう。

【ポイント2】保護者の緊張をほぐし、和やかな楽しい会に!
保育者だけが話すのではなく、保護者も話ができる会にしましょう。大勢の人の前で話すのは緊張してしまう保護者も多いので、テーマを決め、小グループで話をしてもいいですね。その際、子どもの写真入りの名札などを用意しておくと、保護者どうしのコミュニケーションもスムーズになります。

お話/浦 ひとみ(矢向つぼみ保育園 園長)
取材・文/森 麻子 イラスト/坂本直子

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2019年5月号

PriPri プリプリ 2019年5月号

79ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年9月号

PriPri プリプリ 2019年9月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ