My Wonder あなたの保育をサポートする

保育のヒント

今だからこそ育てたい!

4歳児保育のここがツボ

4歳児保育のここがツボ

あかちゃんのような幼さが抜け、急にしっかりしてくる4歳児。心身の成長とともに、保育者のかかわり方に見直しが必要になってくることも。この時期の子どもの成長に合った保育のツボについて紹介します。

ここがツボ[1]
羞恥心が芽生え、心に葛藤を抱えることが多い時期。その気持ちをしっかり受け止める

20170125_02

ここがツボ[2]
友だちとのぶつかり合いが増える時期。子ども同士で解決できるように導く

20170125_03

ここがツボ[3]
何でも「やってみたい!」と思う時期。さまざまな体験で、自己肯定感や好奇心を育む

 

お話/髙月美穂(大分県 藤原保育園主任保育士・保育総合研究会JAMEE.S 委員長)
取材・文/森 麻子 イラスト/鹿渡いづみ

この記事が詳しく
掲載されているのは

PriPri プリプリ 2017年2月号

PriPri プリプリ 2017年2月号

90-91ページに掲載

詳細はこちら

関連キーワード

関連アイディア

みんなが読んでいる記事

アイデアを探す

キーワードで探す

保育が広がる
アイデアマガジン

最新号

PriPri プリプリ 2019年3月号

PriPri プリプリ 2019年3月号

定価1,111円(税込)

ページ
トップへ